スピッツベルゲンでのオーロラ

北欧

北極圏の高緯度地方に位置するスピッツベルゲンでは、10月の終わりに夜だけの世界となりました。日の出は、来年の2月16日までありません。このことは、24時間オーロラ観賞のチャンスがあるということでもあります。オーロラ鑑賞のツアーは、アラスカのフエアバンクスから始まり、その後カナダ、フインランド、アイスランド 、グリーンランドと広がってきましたが、24時間オーロラチャンスがあるのは、ここスピッツベルゲンです。オーロラをぜひ見たいという人にとっては、見逃せないスポットと言えます。